小さくて軽いエンジンが魅力「マツダ RX-7」

jfu83wof43058, 17 8月 2014, No comments
Categories: マツダ, 車購入の際のポイント

ロータリーエンジン搭載のピュアスポーツカー「マツダ RX-7」。
エンジンをフロントミッドシップに搭載するとともに
軽量化を行うことで、低重心化と
50:50の理想的な重量配分を実現したスポーツカーです。

ロータリーエンジンは、通常のエンジンよりも
小さくて軽いというものが魅力です。
RX-7はターボがついており
ロータリーにターボの加速はすばらしいです。

車体は軽い方が、加速・減速は絶対に有利です。
次に、エンジンが小さいので、エンジン自体を真ん中よりに極力置けるために
フロントミッドシップとも言われております。
では、ミッドシップの有利な点は、重量配分のバランスが良く限界が高くなります。

RX-7は、軽い車体で高出力のエンジン
ミッドシップに近い重量配分そして、ハンドリングのシャープ
が最大の魅力です。

自動車は、デザインもそうですが
カタログ性能だけでは解らないものも沢山あります。
実際に乗ってみてはじめて体感できる魅力が
この車にはたくさん詰まっています。
下取り査定料

歴史ある日産「シーマ」がハイブリットカーとして復活。マツダは対抗出来るのか?

jfu83wof43058, 04 6月 2014, No comments
Categories: マツダ

1

日産のシーマは、1988年に登場した歴史のある車です。
1年でなんと36000台以上を売り上げ伝説となりました。

日産の高級車といえば「シーマ」というイメージも強いかもしれません。
4代目まで登場しましたが、4代目の年間販売台数は不景気などの理由で
最後には当初の100分の1ほどしか売れなくなってしまったようです。

そしてとうとう当時の最新の安全基準を満たさなくなったので
2010年に生産・販売が終了されてしまったのです。

しかし、その後5代目シーマが、2012年にフーガハイブリッドをベースとした
ハイブリッド専用車として復活しました!!

生産終了した車種がハイブリッド専用車として復活を遂げたのです。

高級車というコンセプトは今までと変わらずに
価格帯は735~840万円と一般家庭には少し手が出にくい金額です。

使用燃料もハイオクでハイブリッドでありながらも
維持費はそれなりに高くなるでしょう。

日産の高級車が好きな人で、懐かしいシーマの走行性能や居住性をはじめ
その快適性さ運転しやすさなどを求めている方にオススメです。
ワゴンRスティングレー 下取り

マツダの軽自動車はいかがでしょう

jfu83wof43058, 27 4月 2014, No comments
Categories: スクラムワゴン

マツダで軽自動車といえばスクラムワゴンでしょうか。
2
初代スクラムは、ポーターキャブの後継車として1989年に
バンとトラックが登場しました歴史を持っています。

軽自動車ですが、電波式キーレスエントリーと
電動スライドドアを標準装備しているので
小さなお子さんを抱えたままの乗降や
大きな荷物を持っての乗降がしやすくなっているので
子育てカーとしてもママを助けてくれそうです。

ターボエンジンを搭載しパワフルな走りが特徴で
燃費はJC08モードで、14.4km/Lとなっています。
エコカー減税はありませんが燃費がよく
維持費が安く押さえられるものユーザーから選ばれている
理由のひとつでしょう。
1
乗員の頭部付近には衝撃緩和のために
ルーフやピラーに衝撃吸収材を内蔵されていて
ボンネットやフェンダーは衝撃吸収構造となっていて
事故を起こした時でも搭乗者と歩行者への衝撃を減らしてくれます。

万が一の時に安心な機能ですね。

また、最小回転半径が4.5mと小回りが効くので
狭い路地や駐車がしやすくなっていて
女性ドライバーにも嬉しい限りです。

自分に合った車を選びましょう

jfu83wof43058, 24 4月 2014, No comments
Categories: 車購入の際のポイント

車購入の際には、車種が多すぎて絞れない人もいると思います。
1
まずは自分はどんな車が欲しいのか
自分のニーズをしっかりまとめてみましょう。

自動車雑誌を読んだりインターネットで情報を見る事も大切ですが
何よりもまず気になった車に乗ってみる事が先決だと思います。

新車か中古車かも決まっていないというのであれば、
たくさん台数が展示されている中古車展示場へ行ってみるのも
ひとつの方法かもしれません。

何となくどんな車が自分に合っているのかが見えてくることでしょう。
いままであなたが知らなかった車にもたくさん出会えるはずです。
2
運転席だけでなく助手席や後部座席にも座ってみて
いろいろな車の特徴や違いを知ると
室内の広さや車両の大きさなどをはじめ
カタログや雑誌だけではわからないこともわかり車選びにの参考になると思います。

新車がほしいという人は、はじめからディーラーにいくのもいいでしょう。

 

マツダの車の魅力をまとめました!

jfu83wof43058, 22 4月 2014, No comments
Categories: マツダ

今や日本だけでなく世界でも有名なマツダですが
マツダの魅力は数多くあります。
1
他にはない魅力で考えると走りを重視した車という点があげられます。

マツダの車は他とメーカーと比べる、
走る、止まる、曲がるといった動作が思い通りにいくため
質の高い運転を行うことができます。

そのため運転することを楽しむために
車に乗る方にマツダの車は選ばれています。
2
もちろん、マツダの魅力は走りやすさだけにとどまりません。

マツダはセンスの良い外見も魅力の1つとなっています。
スポーツカーなどではその外観の人気には定評があります。

今の車は昔の車と比べると車の外見が一定化されてしまっており
どうしても似たような車が多くなりつつあります。

マツダは外見を重視しているため多くのセンスの良い車を取り揃えています。
みんなとは違う外見の車を購入したいという方はマツダの車を探してみてはいかがでしょうか。
また、マツダの車は値段が安いのも魅力の1つとなっています。

「CX-5」はなかなか個性的な車です

jfu83wof43058, 20 4月 2014, No comments
Categories: CX-5

CX-5は、クロスオーバーSUVで
ディーゼルターボエンジンを搭載したモデルが人気の車です。
2
1
このCX-5は、マツダの最新技術である
「スカイアクティブテクノロジー」を始めて採用した車です。

マツダの車は欧州でも人気があることからもわかるように
感心するほどよく作り込まれています。

スカイアクティブとは、高効率を追求したエンジン
ディーゼルエンジン、AT、MT、プラットフォームを統合して
スカイアクティブテクノロジーという技術の総称で
これらの最新技術を使って燃費を向上させる事を目的としています。

良い所は、最近のマツダのエクステリアが本当に美しく
誰が見ても綺麗と思える王道を押さえつつ
それでもマツダらしさを無くしていないと言える点でしょう。

マツダの車は、性能がよく乗っていて気持ちがいいですね。

気になる点としては
少ない収納スペースと、すこし大雑把な内装でしょうか。
ユーザーからも不満の声があがっています。

大きすぎる車体がゆえに車庫入れがし難いなどといった点も
ユーザーからの声として目立ちます。

魅力はその走り「新型アクセラ」

jfu83wof43058, 17 4月 2014, No comments
Categories: アクセラ

新型アクセラは現代の車の主流になった
燃費の良さを売りにする車とは対局にある車です。

「走る楽しさ」を全面に打ち出して
燃費については「停車している間のアイドリングを止める」
というオーソドックスな方法をとっています。

興味深いのが都心の信号待ちの多い道路環境だと
従来型のアクセラより10~20%程度燃費が良くなるようです。

ちなみに都内の燃費(平均車速22km程度を想定)は
新型プリウスの22km/L前後に対して
新型アクセラは12km/Lという調査結果がでています。

流れの良い一般道では新型プリウス25km/Lに対してアクセラ15km/L。
「走る楽しさ」がその魅力であるアクセラは乗り心地がヨーロッパ車的で
車に乗ること自体を楽しいたい方におすすめの車です。
1
伝統的な「クルマの魅力」を持っている一台です。
2

エンジン性能ですが、大人4人が乗ると全体的に物足りなさを感る。
という声もあがっているようです。
静粛性に関してももう少し改善が見られたらいいという声もあります。

思い通りのドライビングが楽しめる「プレマシー」

jfu83wof43058, 12 4月 2014, No comments
Categories: プレマシー

至上、至高をいみする「スプレマシー」を語源とする車。
「プレマシー」は欧州車ばりの外観が存在感を放ち
燃費、走行性能等にも優れた非常に高性能な車です。
2
日本車よりも、欧州車がライバル車にもなるこのプレマシー。

金額設定が、欧州車よりも大幅に低いうえ
燃費も平均10~12km/L以上。

ドライビングをしっかりコントロールでき
わずかなアクセル操作でも自分の思い通りのスピードが出せます。
アクセルを踏んだら踏んだ分だけ、きちんと反応し
ストレスのない気持ちのよい運転ができます。

クルマのなめらかでスムーズな動きは、同乗者の方にとっても快適ですので
車が苦手なご家族をお持ちの方は候補にいれて欲しいです。
1
余分な揺れや動きが少ないので、車酔いなども抑えられますよ!
ぜひ乗り心地の良さを体感してみてください。

悪い点とまではいきませんが、
少し簡素な作りのインテリアですが
これは価格を考えると仕方ないことかもしれません。

人によっては、高速なんかを走行すると
やわらかずぎるという評判のサスペンションも
購入時にはチェックしたい項目のひとつです。

ういうミニバンこそアクティブサスなんかを導入して、減推力調整をできるようにしたらよいのになぁと思いました。

OEM車だけど優れもの「フレアワゴン」

jfu83wof43058, 10 4月 2014, No comments
Categories: フレアワゴン

「フレアワゴン」はスズキパレットのOEM車として
供給を受けて販売しているモデルです。
2
軽自動車としては広めの車内空間で、両側スライドドアである点が
ユーザーの満足度を高めていると思います。

しかし、タントのようにセンターピラーレスだったり
N-BOXのように安全装備が充実しているといった特徴はないので
もの足りなさを感じるユーザーもいるかもしれませんね。

マイナーチェンジで改良された点は
レーダーブレーキサポート(衝突軽減ブレーキ)、誤発進抑制機能
エマージェンシーストップシグナル、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)
さらにTCS(トラクション・コントロール・システム)の安全装備を全車に標準装備されました。
1
また、フロントメッキグリルによりクオリティ感をアップさせたエクステリアになって
フレアワゴンファンなら買い替えたくなってしまうくらい魅力がアップ!!

気になる値引きですが、フレアワゴンでは
15万程度を目標として交渉してみることをおすすめします。

文句なしのデザイン「マツダアテンザスポーツ」

jfu83wof43058, 06 4月 2014, No comments
Categories: アテンザ

一目見て印象に残る車、「マツダアテンザスポーツ」
このクラスの日本車ではデザインのクオリティが最高だと
多くのユーザーや車評論家からも絶賛される車です。
2
1
フロントグリルからリアまで伸びる2本の連続したライン。
美しくかつ力強い躍動感のあるエクステリアデザイン。

スポーツカーですが、スポーティに振りすぎていないところが
ユーザーの心をつかんでいるようです。

その乗り心地はしっとり系で
フロントサスペンションはスプリングもやわらかめ。
とにかくその乗り心地に魅了されるユーザーが多いようです。

アテンザスポーツワゴンは、2002年に発売されました。
カペラの後継車で、3タイプのボディが用意されいます。

車好きをうならせるその走りは
2.3ターボに組み合わされる6速M/T。
ユーザーに惜しげなく素晴らしい走りを提供してくれます。

国内向けでディーゼルエンジンの設定もあるアクセラシリーズ。
車ツウにも最適の一台だと思います。

日本でのRJCカーオブザイヤーを含め
130以上の賞を獲得しているすごい車です。