マツダの軽自動車はいかがでしょう

jfu83wof43058, 27 4月 2014, No comments
Categories: スクラムワゴン

マツダで軽自動車といえばスクラムワゴンでしょうか。
2
初代スクラムは、ポーターキャブの後継車として1989年に
バンとトラックが登場しました歴史を持っています。

軽自動車ですが、電波式キーレスエントリーと
電動スライドドアを標準装備しているので
小さなお子さんを抱えたままの乗降や
大きな荷物を持っての乗降がしやすくなっているので
子育てカーとしてもママを助けてくれそうです。

ターボエンジンを搭載しパワフルな走りが特徴で
燃費はJC08モードで、14.4km/Lとなっています。
エコカー減税はありませんが燃費がよく
維持費が安く押さえられるものユーザーから選ばれている
理由のひとつでしょう。
1
乗員の頭部付近には衝撃緩和のために
ルーフやピラーに衝撃吸収材を内蔵されていて
ボンネットやフェンダーは衝撃吸収構造となっていて
事故を起こした時でも搭乗者と歩行者への衝撃を減らしてくれます。

万が一の時に安心な機能ですね。

また、最小回転半径が4.5mと小回りが効くので
狭い路地や駐車がしやすくなっていて
女性ドライバーにも嬉しい限りです。

Comments

Leave a Reply:

Name *

Mail (hidden) *

Website