小さくて軽いエンジンが魅力「マツダ RX-7」

jfu83wof43058, 17 8月 2014, No comments
Categories: マツダ, 車購入の際のポイント

ロータリーエンジン搭載のピュアスポーツカー「マツダ RX-7」。
エンジンをフロントミッドシップに搭載するとともに
軽量化を行うことで、低重心化と
50:50の理想的な重量配分を実現したスポーツカーです。

ロータリーエンジンは、通常のエンジンよりも
小さくて軽いというものが魅力です。
RX-7はターボがついており
ロータリーにターボの加速はすばらしいです。

車体は軽い方が、加速・減速は絶対に有利です。
次に、エンジンが小さいので、エンジン自体を真ん中よりに極力置けるために
フロントミッドシップとも言われております。
では、ミッドシップの有利な点は、重量配分のバランスが良く限界が高くなります。

RX-7は、軽い車体で高出力のエンジン
ミッドシップに近い重量配分そして、ハンドリングのシャープ
が最大の魅力です。

自動車は、デザインもそうですが
カタログ性能だけでは解らないものも沢山あります。
実際に乗ってみてはじめて体感できる魅力が
この車にはたくさん詰まっています。
下取り査定料

Comments

Leave a Reply:

Name *

Mail (hidden) *

Website